2014年3月アーカイブ

まずは今すぐ赤ちゃんを望んでいるという方にとっては、脱毛を始めるタイミングではないと思います。
『ひかり脱毛』の場合、2か月おきに継続して最低1年から2年は通わないと効果が出てきませんが、もし脱毛を継続中に妊娠した場合すぐに中断し、出産してから体調が安定するまでは脱毛の施術をお休みしなければなりません。
また妊娠中はホルモンバランスの関係で毛が一時的に濃くなってしまいますので、それまで行ってきた脱毛の施術が無駄になってしまうように思います。
万が一、たとえば脱毛コースを2年間で契約していてその途中で中断しなければならなくなった場合、妊娠した旨をサロンに伝えて頂ければ、しばらくコースを中断して残りの期間の分を取っておくことができます。
出産後に脱毛が出来る状態になってから再開することができる脱毛サロンがほとんどですので、安心してください。
まずは妊娠する可能性のある方は、念のためサロンに確認してから通いはじめるようにしましょう。




昨今の日本では顔が小さな事がベッピンさんの要素らしいのです。
顎の骨を切ったり、顔の脂肪を吸い取ったり、顔の中の脂肪を切り取ったりしますが、これも根本的な解決にはならないようです。

ところがこれは手術も高価なテクニックも何も要らずに、小顔を作る事が出来ます。

先ずは判り易いように髪の毛を結ぶか、髪の毛を止めて置いてください。
そして鏡の前で、両手を両脇に自然に落として立ってください、
両足は踵を揃え、つま先は少し外側に開きます。

胸を張りお腹は突き出さず腹筋に力を入れて背中を自然に立たせます。
首をすっと延ばし、頭のてっぺんから糸が出ている様な気持ちで立って下さい。

すると顎がスッと引かれていくのを感じるはずです。

一瞬にして小顔のスタイルが出来上がり。

顔が小さいほうがキレイと言いますが、バランスの問題です。
文句を言う時の顔は顎を前方に突き出していませんか、顎を前方に突き出して、文句を行ってる顔は大きく見える筈です。




このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30