2015年4月アーカイブ

現役合格!!

| トラックバック(0)

旧帝大の中でセンター試験の配点が東京大学並に低く、二次試験で逆転し、75%しか得点できなくて合格した同期もいます。

研伸館は現役専門塾なので現役合格を狙っている人ばかりだと思いますが、センター試験は一発勝負なので、万が一のことも考えて志望校の選択をして欲しいと思います。

地理的に遠い東北大学を目指している受験生の志望理由が気になりますが、東北大学のある宮城を始め、東北地方全体が医師不足にあり、震災復興も十分でない状態で、大学側は志の高い医学生を期待していると思うので頑張って欲しいです。

 

入試問題について東北大学の数学や英語15ヶ年が出ており、理科系科目は物理が難しいので、化学で満点を取るくらいに勉強してカバーすると良いと思います。

最近の英語の出題傾向として、長文を要約するというあまり見かけない問題が出題されますので、研伸館で普段から英作文を添削してもらい、作文能力を身につけることが大切だと思います。

過去問から必ず長文を一問出題されるので取りこぼさないようにし、京都大学の英文和訳に慣れていれば、東北大学の英文和訳もスムーズにできるようになると思います。

 

 慶応進学会フロンティア

数学の一日の勉強方法

まず、問題集の問題を解く、考えてみる。

当たり前のことですが、一番大事なことです。数学の学力が安定するまでは、自分で解くことが難しいからです。時間がかかって仕方がない人は、答えに沿って、自分なりに解き方のアウトラインを考えてみたり、答えが出なくても、解き方がわかれば、その解き方のアウトラインを回答を合わせてみることもよいでしょう。しかし、あくまでも、最終目標は解答ですからすべての問題に対して回答しないのではなく、解き方がわからない場合の最終手段として、前述したようなやり方もよいと思われます。そして、問題集の解説にはじっくりを取り組むことです。この問題の意図は、方針を理解することは必要なことです。最後に、問題ができるようになるまで、何回も復讐することです。解答が理解できたなら、その問題が回答できるように復習します。できれば、その問題の要素がわかるようにしておけばいい程度にしておけばいいです。数学は、反復がものを言います。問題の傾向、定理・公式の活用など、パターン化されていますから、復讐をきっちるやって、その問題は自分のものにしておくとよいです。ちなみに、復讐は、忘れないうちにやるということです。できなかった問題を数日後にやっても、何故できなかったのか、どうして間違えたのかを忘れてしまうからです。忘れないうちに復讐はやっておきましょう。

 医学部に合格する為に覚悟する事

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31